読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K.K

かけがえのないわたし。

重度学歴コンプレックスの俺が、名古屋大学の学会に行ってきた。

俺、重度の学歴コンプレックスだったのね。
周りの目を気にし過ぎていたし、周りからどう思われるかいつもビクビクしてた。

 

そんな自分が名古屋大学に初めて行ってきた。
学会が開催されなかったら、意地でも行かなかったよね。

もはや選択肢にも上がらないレベル。笑

 

名古屋大学駅?についたあたりからね、

 

こわい。笑

 

受付してる学生にすらビビる。

 

「え、俺浮いてない?皆俺のこと見てない?あばばばばばば((((;゚Д゚)))))))」

 

ってなってたね。笑

 


学会が始まってしまえば気にならなくて、面白かったよ。
知的だなー。ここに立っている自分はどんな服着るんだろう。どんな感情でいるんだろう。きっと緊張してるんだろうな。とか考えてたら、あっという間だった。


で、これ、なーんか感じたことある気がしてたの。
そう、ゲームの攻略本読んでるときに似てた。笑

 

あのワクワク感に似てたのね。
それも、まだ買ってない・進んでないゲームの攻略本読む時みたいな。


どう?そんな思い出あるよね?笑

 


帰りの電車で気付いたのは、自分の中にジャッジがあったんだろうなってこと。
きっと賢くない、ダサい、カッコ悪いみたいな自分(他人)を見下げてたんだろう。

だから、自分がいざそういう見下げられる立場になることを恐れる。ビビる。


人からどうか思われてないかな???

「だって、自分がそう人を見てるから。」

 


あなたは周りが気になる人かな?
え?違う?そしたらすぐこのブログを閉じて、携帯を逆パカした方がいいよ。笑

 

多分皆の周りに、周りが気になるって人がいると思う。
ま、俺のことだけどね。笑

 

そんな人たちの中で、それは「自分が相手をそう思ってるから」っていうのに気付いている人は少ない気がする。

 


多分ね、人の目が気にならない人って、相手のことをジャッジしてない。
もしかしたら、あんまり興味がないんじゃないかな?

 

できてもできなくても、金持ちでも貧乏でも、賢くてもバカでも、イケメンでもブサイクでも、どっちでも大丈夫なんじゃね?それが何?


位に思ってるのかもしない。笑


ただの事実としてそこにあるだけで、自分のメガネでジャッジしてない。
ただ、観察しているだけ。

 

このジャッジっていうのが曲者よね~
フルオートで思考に組み込まれてるから、気付けないことが多い。
こいつを手放していくと、自分らしく生きていけると実感中。

 

こたやん@K.K.の目的の一つは、ジャッジを手放すこと