読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K.K

かけがえのないわたし。

拒否していたのは、自分だった

これの続き。 

k0taki-k.hatenablog.com

 

 

この度降参しまして、自分の出来ないことを伝えて、

 

「助けてー!!!」

 

って言ってみた。

 

そしたら、助けてくれる人がたくさんいた。

 

びっくりするくらい優しくしてくれる人もいるし、「感化されたから勉強はじめる」って人もいた。

 

 

 

 

もっと否定されると思ってた。

 

人が遠ざかっていくと思ってた。

 

出来てる自分じゃないといけないと思ってた。

 

 

 

 

だから、隠して、隠して、恥ずかしい思いをしないように、

 

周りを見張って、自分を見張って、

 

ばれそうになったら、逃げたり、隠れたり、攻撃したり、

 

 

 

 

それでいで、できてる人をうらやんで、否定して、

 

そんで、自分は悲しく寂しく、惨めな気持ちになってた。

 

 

 

 

あー、相手を、まわりを、世界を遠ざけていたのは自分だったのか

 

 

 

勝手に弱みにして、

 

勝手に隠して、

 

勝手に自分を縛ってた。

 

(あ、縛るってよく言うけど、Mじゃないよ_(:3 」∠)_笑)

 

 

 

 

それは勘違いだった。

 

 

「助けてー!」って言ったら、助けてくれる人もいるし、よくしてくれる人もいるし、応援してくれる人も、協力してくれる人もいる。

 

 

なんだ!世界は優しかったのかΣ( ̄ロ ̄lll)!!!

勝手に厳しい世界にしてたのは、自分だったのかよ!!

なんだよ!おーまいがだよ!!!

 

 

 

 

 

うん、これからはさ、

 

できないことは「できない」って言おう。

 

できることは「できるよー」って助けよう。

 

 

「助けてー!」って人に助けを求めよう。

 

求められたら、できることを、できる範囲で、助けよう。

 

 

カッコつける必要もないし、恥ずかしいと思うこともないんだなー

 

結局は自分がどうするか。そんだけ。

 

 

 

こたやん@GOLDEN TOWERかっこよすぎる・・・・

f:id:k0taki:20161222171008j:image