読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K.K

かけがえのないわたし。

モチベーションが湧いてくる方法

はい、今日は体力気力ないわー。

 

そんな日は誰にでもある。(あるよね?笑)

 

こういう時は、ノートに黙々と思いついたことを書く。

 

今、そのモチベーション低い状態でやりたいことを挙げてみると(以下ノート抜粋)

 

  • お家で放心
  • 愛犬と戯れる
  • 出てくるご飯食べてうまーい
  • お風呂沸かしてボケー
  • たまーに本文読んでホゲー
  • ウイスキー飲む

 

とかになる。

 

やりたい事なんて変わっていい。

 

今日は疲れたーふげーって時に、いつも通りオリャーは出来ない。無理。笑

 

それこそ、「やらないといけないんだ!!」とかいうに囚われている。

 

やりたくない時は、やらない。この世に、「すべき事」なんて存在しない。

 

いつだって自分は今のままで充分だから。

 

 

 

いつも楽しみにしている事でも、なーんか行きたくなくて、家でひとりいることもある。

 

仲の良い友達がいるから行こうとか、全然考えられない時もある。

 

てきとーにゲームしたり本読んだりノート書いたりして、ゆるやかに過ごし、そんで、自己嫌悪する。笑

 

そんな時は、

「みんなと一緒にいるべき。そっちの方が良いから。

って思ってて、自分の行動に否定的なことが多い。

 

そーじゃなくて、肯定してあげよう。

 

今自分は一番したいことをしている。その許可を自分に出している。自分は好きなことをしてるよ。大丈夫。それでもいいんだよ。それが自分なんだよ。これが自分なんだよ。

 

あとは、どんな自分自身になりたいかを忘れず、その自分を思い出し続けられることをしていけばいいんじゃないかな。

 

 

 

なりたい自分自身にっていうのは、感情が先行する。

 

例えば、お風呂入るのめんどくさいなーって時は、「めんどくさい」に焦点を当てるのではなく、入った後の爽快感にフォーカスしよう。イメージしよう。感情を先取りしよう。

 

そしたら、おふろ入ろうかなって気持ちになる。俺はね。笑

 

 

 

どんな自分自身になりたいか。その自分はどんな感情でいるか。どんな服を着ているか、どこにいるか、周りに誰かいるか。

 

どんどんイメージを具体化させて行こう。感情を呼び起そう。

 

すでにその気になってしまおう。

 

 

 

行動に伴う時間やめんどくせーいやだーにフォーカスするのはやめよう。

 

ゴールにあるウキウキワクワク、それを最初から先取りして、その気持ちのまま行動しよう。

 

行動ではなく感情を呼び起していけば、自分のモチベーションは上がっていくよー

 

こたやん@考えすぎる時は、お酒飲んで思考緩める